マタニティウェア&レーザー脱毛機器

マタニティウェア&レーザー脱毛機器通販

マタニティライフを楽しもう!

妊娠6ケ月あたりから、つわりが終わって胎動も感じ始めます。
仕事で頑張っている人は、上手く産休をとってマタニティライフをエンジョイして下さい。

 

特に、赤ちゃんの胎動を感じる時は『あっ、動いた!元気だぁ』と感じます。
これから母体がさらに重くなっていくと、人によっては腰や頭が痛いという体のトラブルも・・・

 

酵素たっぷりの食事を心がけて、心身ともに健康に生活しましょう。

マタニティウェアなどをご紹介

服装は、妊娠期や産後の生活を機動的にしてくれるものです。
妊婦にとって、メンタルな面ばかりか毎日の生活も豊かなものにしてくれるのではないでしょうか。

 

さらに、こんなことを行っている人もいます(^^

既に海外動画でもありますが、臨月のおなかをデジカメで撮影

 

赤ちゃんが動いているのが分かるお腹をビデオ撮影

 

あっ!と驚くような、妊産婦ファッションを楽しむ

妊娠時の喫煙や受動喫煙の影響をちゃんと考えて!

一般に喫煙者の妊婦は非喫煙者の妊婦に比べて、
胎児の体重増加、即ち成長がが妨げられると報告されています。

子どもの出生体重は平均 200g 少ない

 

低出生体重児が産まれる頻度は約 2 倍高い

 

自然流産の発生率は約 2 倍高い

 

早産率は約 1.5倍高い

 

周産期死亡率は約 1.4 倍高い

 

このことは各種報告にも表れており、たばこの煙には有害物質が数多く含まれています。
主な有害物質としては、ニコチン、一酸化炭素があります。
ニコチンは血管を収縮させて、子宮胎盤循環血液量を減少させます。
また、一酸化炭素は、血液の酸素運搬能を低下させ、
組織中への酸素の放出を阻害するために、胎児は低酸素状態となってしまいます。

 

ところで、最近は、受動喫煙を防止するなどの対策が職場や家庭などでも行われています。
妊産婦自らの健康は、母体そのものとおなかの赤ちゃんの健康を考えましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
マタニティ製品を勧める理由 マタニティブルー 妊娠期の便秘 マタニティハラスメント サイト運営など